防犯グッズを持っていることの大切さ

日本は世界中の中でも治安がいい国と言われて久しくなります。外に自動販売機が当たり前の様に設置されていることに、海外の治安のあまり良くない外国の人には非常に驚くという話を聞きます。治安の良くない国では外においておけば機械を壊して商品やお金が奪われてしまうからです。現代社会においても、田舎の地方では近隣住民の関係性も強く、玄関のカギを開けたまま家族や近隣住民が自由に出入りしている様な文化を残した地域の人もいます。

しかしながら、戦後の日本は人々の勤勉な働きにより、先進国としての大きな発展を遂げてきました。核家族化や単独世帯の増加など、家族形態や社会の様子も一昔前とは大きく変わってきました。特に都心部は経済の発展に伴って、人口の増加や人間関係の希薄さが進んでいます。防犯グッズを持つなどして自分の身は自分で守る必要性も高くなっています。

また、日本人の国民性ともいうべき誠実な人柄や、人に親切にしたりする心を利用して海外を含めた組織がらみの犯罪も増えてきています。治安のいい日本といえども、いつどこで犯罪に巻き込まれるかわからない時代になってきたともいえます。テレビのニュースではストーカー被害や強盗事件などが日常的に繰り返されています。特に女性は生物学的にも力も弱い立場にあります。

犯罪に巻き込まれない予防策が大切なのです。近年子どもや女性に人気が高いのが防犯グッズです。防犯グッズには様々種類があり、ホームセンターや東急ハンズなどでも簡単に手に入れることが出来ます。特に大きな警報音が鳴る防犯ブザーなどは、出かける時に常に手の届くところに持ち歩く癖をつけることが大切です。

緊急の際に大声で挙げることは意外に困難なものです。犯罪者自身が驚くほどの音が鳴ることは、防犯の効果は高いのです。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*