防犯グッズで自己防衛を

世界の中でも治安のよさで名高い日本ですが、残念ながら子どもや女性を標的にした卑劣な犯罪は存在します。また、あろうことか、そうした犯罪の被害者たちに落ち度があったとすら言われることもあるほどです。それでは、標的にされやすい子どもや女性はどのように身を守ればよいのでしょうか。現在こうしたニーズに応えてくれるたくさんの防犯グッズが開発されています。

一昔前は、防犯グッズといえば防犯ブザーで、小学生がランドセルにつけている姿をみかけましたが、小学生がふざけてブザーを鳴らすなど、防犯ブザー音に対する救う側の人間の意識が高まらず決して効果の見込まれる防犯対策ではありませんでした。一方で現在普及しているものは、より小型化されており、GPS機能のついたものも多くあります。それゆえ、リアルタイムで子どもや家族がどこにいるかをか確認することもできますし、万一の場合は足取りを追跡することも可能になりました。犯罪者については、安易な計画ではすぐに逮捕されてしまうため、こうした高度な防犯グッズは一定の犯罪抑止効果を生んでいるといえるでしょう。

また携帯するもの以外にも、防犯グッズとしては様々な種類があり、例えばスマートフォンのアプリで自宅に設置した防犯カメラの映像を出先から確認し、帰宅したり、自宅の玄関の鍵を閉め忘れた時も遠隔でロックしたりするなど、画期的な防犯対策が進んでいます。ご自身や大切な人を守るため、とれる対策をとることをおすすめします。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*