子供にGPS端末を持たせれば安心です

GPSとはGlobalPositioningSystemを省略したもので、日本語では全地球即位網と呼ばれています。アメリカが地球上にある対象物の位置を特定するために打ち上げた人工衛星のことで、上空20200kmの軌道上には予備機を含めて30機が存在します。測定対象である受信機は、複数の衛星から送られる電波を受け取るまでにかかる時間から距離を計算します。一般的には対象物の位置を特定する機能がGPSと呼ばれていますが、本来は人工衛星のことです。

現在では自動車のカーナビゲーションシステムやスマートフォンなど、様々な機器にこの機能が組み込まれています。子供の安全を考えて端末を持たせるケースが増えていますが、予算や状況に応じて最適なタイプを選ぶことが大切です。高機能な端末を持たせたとしても、大きくて重いと携帯しなくなってしまうことがあります。外出時や留守番をさせる場合など、常に端末を持たせたいのであれば携帯性の優れたタイプを選ぶとよいでしょう。

スマートフォンを持たせている場合には、位置情報取得アプリをインストールするのがおすすめです。目的地を設定しておくと、子供が到着したタイミングで通知を表示してくれます。大型の端末を携帯させるとストレスになってしまう可能性がありますが、キーホルダー型や腕時計型ならばストレスなく携帯できます。キーホルダー型は衣服やかばんなどに装着できるので、携帯性が非常に優れています。

腕時計型はスタンプを使ってコミュニケーションを取ったり、通話したりするなどの機能を備えています。状況に応じて最適なタイプのGPS端末を子供に持たせれば、常に現在位置を把握できるので安心です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*