子供のGPSの選び方

子供が小さいうちは登校時間や下校時間のことが気になるものです。また、どこで遊んでいるか、習い事には無事に行けたかなどさまざまな場面で、子供のことが気になるというケースはよくあります。そんなときにおすすめなのが、子供に持たせることのできるGPSになります。GPSを使用するための前提は、保護者がスマートフォンを持っているということが挙げられます。

保護者が自分のスマートフォンを使用することで、持たせたGPSの位置を把握するという仕組みです。小学校ではスマートフォンを持たせられないという場合には、GPS端末を持たせます。端末にもさまざまなタイプがあります。最もシンプルで主流となっているのが単機能タイプです。

単機能は現在位置の情報と、そこに至るまでのルートをスマホアプリの地図上に示すタイプで、定期的に情報を送信します。音が出るような機能がないため、授業中に音が鳴ったりして授業の邪魔になることがないため安心して持たせることが可能です。機能がシンプルな分だけ、バッテリーの持ちが良いなどのメリットが得られます。一方向タイプは、現在位置とルートをアプリに送信するのに加え、端末に備わったボタンを押すことで現在地を送信できるタイプです。

リアルタイプで現在位置を子供自身は発信することができるため、何か問題が起こった際にすぐに子供のところに向かうことができるようになっています。他にも、料金についてなどもチェックした上で選ぶことが大切です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*