子供に持たせるGPSには種類があります

子供は小学生に上がると、登下校の際や友達と遊びに行く時など、少しずつ一人で行動する機会が増えていきます。危険な場所に遊びに行っていないかなどと心配になることも多く、特に働いている親であれば、無事に家に着いたかどうか心配になることもあります。このような場合にお勧めのものとして、子供用のGPSを活用する方法が挙げられます。かなりの数のGPSが市販されていますが、種類や機能等でまた料金面にも大きな違いがあるため、選び方を知っておくことは重要です。

子供用GPSを選ぶ場合には、様々な種類があることを覚えておきましょう。まず一つ目に挙げられるものが、単機能タイプと呼ばれるものです。一番シンプルなタイプであり、現在地の情報や行動履歴などを、スマートフォンやタブレットなどのアプリ常に表示するものです。端末自体にはボタンなどが付いているわけではなく、誤作動の心配もないでしょう。

シンプルであるために、バッテリーの持ちも良好です。そして二つ目が一方向タイプと呼ばれるもので、端末本体にボタンがあるものです。位置情報を手動で発信できる事が一つの特徴と言えるでしょう。万が一の際に子供がボタンを押すことで、連動する端末に通知が届くものです。

子供のピンチにいち早く駆けつけることができるでしょう。そして双方向タイプと呼ばれるものもあります。これは端末とスマートフォンから、位置情報や音声メッセージなどを送受信できるものです。双方向で連絡を取ることができますが、持ち込みを禁止しているところもあるため注意が必要です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*