子供にGPSによる位置追跡サービス利用で安心生活

安全のため今いる場所を把握し、安心したいという家庭は増えています。スマホアプリなどは導入が簡単ですが、スマホは学校で携帯が禁止されている場合があり、子供をGPSで確認することが難しい場合があります。病気の発作で体調を崩しやすいとか発達障害で思わぬ行動をしてしまうといった場合、居場所の追跡をできないことは命にかかわる場合があるため対策が必要です。そこで持たせたいのは、位置追跡に特化したデバイスです。

子供のためのGPS追跡はいろいろなメーカーが対応していて、小型のデバイスが開発されています。防犯ブザーと一体型になっているタイプなら常に身につけられますし、何かあったときに本人が助けを求めるために活用できて便利です。月額利用料や初期費用などが発生するので、よく確認してから契約が必要です。自治体によっては、低学年向けに無料でデバイスの貸し出しを行っている場合があります。

契約する前に位置情報サービスを実施していないか、市役所の教育委員会や学校に確認してみるとよいでしょう。ランドセルに入れて持ち歩くタイプは高学年向けならいいですが、ランドセルを置いて遊びまわってしまうような低学年の場合、正確に位置を把握できなくなる場合があるため注意が必要です。ストラップがついていて、首から下げられるタイプであっても、遊ぶのに邪魔だと外してしまうことが考えられます。子供にGPSを持たせる場合は、丁寧に重要性を話して登下校の際に身につけるように教えておくことが必要です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*