子供用GPSの効果と種類

近年、子供を狙った犯罪が多発している状況から防犯対策としてGPSを持たせる取り組みが一般化しています。GPSとは「GlobalPositioningSystem」の略で、日本語では「全地球測位システム」と呼びます。その機能は人工衛星から発せられた電波を受信することで現在位置を特定するもので、現在地をほぼリアルタイムで確認することができます。子供が小学校に通うようになると行動範囲は驚くほど広くなるため、その行動を把握することが困難になります。

予期せぬ事件や事故に遭遇してしまう可能性も少なくなく、トラブルによる最悪のケースを防止するためにも防犯効果の高い子供用GPSが役立ちます。子供用GPSにはいろいろな種類がありますが、最も使いやすいのがキーホルダータイプです。同様の機能があるキッズ携帯などもありますが、持込みを禁止している小学校も多く、せっかく購入しても登下校時に持たせられない場合があります。しかしキーホルダータイプであれば、上着やズボンなどに取り付けられるため規則違反にはなりません。

更に、ランドセルなどに「GPS携帯中」という防犯ステッカーを貼り付けることで、より一層の犯罪抑止につながります。種類も大きく分けて2種類あり、一定間隔で位置情報を知らせてくれるタイプと任意のタイミングで位置情報を検索できるタイプがあります。幼稚園程度であれば一定間隔で知らせてくれる方が安心ですが、単独で登下校ができるような年齢ならば、任意で検索できるタイプがおすすめです。子供のGPSのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*