思春期の子供にGPSを持たせよう

思春期の子供がいるとなかなかお互いの考えが理解できず、親子喧嘩をしてしまうことがあります。これはよくあることですが、ひどくなると家出をしてしまうこともあるでしょう。大抵の場合、親戚や友達の家などにいることが多いので特に問題はないのですが、最近は最近は子供でもスマホを持っていることが多く、親が全く知らない人との付き合いがあることもあります。事件に巻き込まれることもあるあるので注意が必要です。

昔なら子供が家出をするということ特に問題はなかったかもしれませんが、今では全く知らない人と連絡をとり、遠くの場所に連れて行かれるというニュースがあります。事件性のない場合もありますが、万が一の場合もあるので、子供のことを理解するためにGPSを待たせることをお勧めします。GPSを持っていれば親のスマートフォンで簡単に居場所を特定できたり、どのようなルートを通って行動しているかを把握することができます。特別な操作も難しいことも全くありません。

小型で小さいGPSものなので毎日持ち歩くことに負担にはならないので、これだけは持つように理解させておきましょう。親が監視しているようなので、思春期には少し抵抗を持つこともあるかもしれません。しかし親に言うことを聞かないこの時期は何を言っても反抗するので、GPSさえ持っていれば自由に行動していいとか、監視はしないとか、そのような家族会議をし、お互いに理解をしていれば子供も親も安心して生活することができます。子供のGPSのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*