海外ツアーのほとんどは、航空機はエコノミークラス利用になっています。もともと、航空機が大型化して多くのエコノミークラス席が提供できるようになったからこそ、海外ツアーが身近なものになったという歴史もありますから、ツアーでエコノミーを利用するのはある意味当たり前です。ところが、最近では旅慣れた人も増えてきました。海外旅行そのものの値段も、かつてほど高嶺の花ではなくなってきました。

そうなると、エコノミーではさすがに狭い、アジアならばまだしも、アメリカやヨーロッパなどで10時間以上のフライトではちょっと厳しいと感じる人も多くなっており、追加料金を支払うことでビジネスクラスを利用できるツアーも登場してきています。もちろん値段は決して安くはありませんが、あの身動きすら難しい窮屈さから解放されるのであればということで選ばれることも多くなっているのです。アメリカやヨーロッパ路線では、航空会社にもよりますが単に座席のリクライニング角度が大きいというだけではなく、今では座席が完全にベッドのように床と平行になるタイプが主流です。しっかりと睡眠をとって体を休めることができるのは、現地での行動力にも大きく影響するでしょう。

さらには、機内食の質もエコノミーとは比べものになりません。丼物とレストランでのコース料理くらいの差があります。搭乗手続きもビジネスクラス用カウンターですから、長蛇の列に並ぶ必要もありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *