ツアーというと、結構スケジュールが一杯に詰まっていて、せわしなくあちこちを見て回るというものが多いですが、そういう点に配慮されたツアーも多くなってきています。いくつかポイントを紹介しましょう。一つは、連泊の設定です。一日ごとに別々のホテルに泊まるというスタイルではなく、同じホテルに連泊するプランで、二連泊とか三連泊が含まれていたりします。

毎日別のホテルに泊まるということは、それだけ移動距離も多くなるということですし、個人的な面でいえば荷物をまとめ、また解くという作業が発生します。それが少なくなるということです。自由行動時間の多さも考えておいて良いでしょう。午前中は自由行動ということであればホテルで朝をゆっくりと過ごすこともできますし、もちろん自分で周辺の散歩に出るといったことも可能です。

午後が自由行動であれば、添乗員やホテルスタッフにおすすめのカフェを聞いて出かけるようなこともできます。もちろん何もしないで部屋でまったりするというのも手です。このように行動の選択肢が増えることでゆったり感が増します。添乗員付きのツアーであっても、100%全てついて行くだけではなく、自分で決めて行動するのも楽しいものです。

ゆったり感はもちろん移動についてもあてはまります。徒歩での移動距離が短いツアーであればそれだけ楽ですし、バスの座席や飛行機の座席についても、もちろん広いほうが楽です。これらはダイレクトに値段に反映されますから際限なくというわけにはいかないでしょうが、少しはこだわってみるのも手です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *