海外旅行と言えば行きたい国や地域の方面に行くツアーに参加してグループで行くのが一般的です。少人数で航空券とホテルだけのパッケージを予約しても初日の市内観光や免税店訪問などが付いているケースが多く、自分で全てアレンジできるケースはあまり多くありません。行き先や目的がはっきり決まっていたり、グループ行動に貴重な時間を取られず全て単独で自由行動をしたいという人はツアーやパッケージ商品にこだわらず自分で海外航空券を手配するのが一番です。海外航空券は航空会社の正規運賃だとかなり高額になりますが、格安の海外航空券を販売している会社もたくさんあります。

これは旅行会社が団体用にまとめて押さえているチケットを個人用にバラで販売しているもので、内容は正規の航空券とほとんど変わりません。手荷物や受託荷物の規定も同じで、機内でのサービスも受けられ、プレミアムエコノミーやビジネスクラスのチケットであれば空港ラウンジや優先搭乗などのサービスも含まれています。航空会社を指定して予約すれば自分の好きな会社を選べるので、「航空会社未定」の団体ツアーよりも安心感があります。フライトマイルは格安券の場合100%ではなく70%程度の加算になる場合がありますが、長距離フライトならそれでもかなりのマイルがたまります。

海外旅行が初めてでチェックインや現地での行動などに自信がない人はツアーに参加するほうが無難ですが、旅行慣れしていて自由に行動したい人や予算を最小限に抑えたい人は自分で格安の海外航空券を手配するのがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *