いくつかの路線の鉄道が利用可能で23区内はもちろんのこと、北関東からのアクセスもよい浅草のホテルは東京の観光をする際の拠点として利用するのに適しています。東京屈指のターミナルである上野や東京からも5分から22分ほどで到着する距離にあるので、新幹線で都内にやってくる場合にも便利です。このように便利な立地の浅草のホテルは下町の観光名所が多くある中心的なところに位置しています。そのため宿泊したときには日中だけでなく、朝の早い時間帯やさらには夜になってからも観光をすることができるというメリットがあります。

近年、下町の新しい観光名所となっているところには押上にある東京スカイツリーが挙げられますが、この名所との距離も近く、電車でならわずか1駅です。浅草のホテルによっては、部屋の窓からこの高さ634メートルの電波塔が見られることもあります。さらに都内にあるそのほかの観光スポットへのアクセスもよい浅草のホテルは鉄道や船、バスを利用して各地へ行くことが可能です。たとえば美術館や動物園があることで知られる上野は電車で5分ほどで到着し、すぐ近くを流れる隅田川では観光客向けの船がお台場との間を行き来しています。

また隅田川には古くから人気を集めている屋形船もあり、水上から下町の風景を楽しみつつ、料理やお酒をいただくことができるようになっています。夜に屋形船で食事をしたら、すぐに部屋に帰ってゆっくり休むことができるというのも、浅草のホテルを利用するメリットといえるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *