浅草のホテルは下町の観光をするときに利用すると便利です。春や夏・冬などの長期休暇の季節もよいですが、行事があるときに訪れるとまた違った下町の雰囲気を感じることができるので良いでしょう。例えば1月は初詣のために多くの人が訪れています。特に浅草寺は全国にある寺社のなかでも多くの人出があることで知られていて、1日から3日までの間だけでも290万人くらいの参拝客が訪れている人気の初詣スポットです。

年末年始に東京の下町を訪れるときにも、浅草のホテルを利用すると特別な雰囲気で一年の始まりを迎えられる可能性があります。お祭りが好きな人におすすめなのは浅草神社の三社祭で、このイベントに合わせて遠くから訪れる際には浅草のホテルを利用すると便利です。この祭は歴史が古く700年以上も続いているのが特徴で、この時期には毎年150万人もの人が訪れています。7月には隅田川で花火大会がおこなわれ、多くの観光客で賑わいます。

花火大会を目的に東京に旅行に来るときも、浅草のホテルは選択肢の1つとなるでしょう。テレビ中継がされることでも知られる歴史ある花火大会で毎年2万発ほどの花火が打ち上げられます。夏の江戸の風物詩、といった風情を楽しむことができるのでおすすめです。浅草のホテルには駅から近いビジネスマン向けのものやシティホテル、和風旅館などがあるほかカプセルタイプの宿もあるので、好みに合わせて選ぶことができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *