東京の浅草雷門付近のホテルの特徴は、外国人観光客などをターゲットにしているところが多いということです。

東京の浅草は、古い日本の家屋など下町の雰囲気が残る街並みや神社や仏閣が多く残っているので、外国人観光客にも人気があります。仲見世通りなど外国人観光客が多く訪れ、その外国人観光客が宿泊するホテルとして人気があるのが、浅草の雷門付近のホテルです。浅草という土地柄、鉄道や地下鉄など数多くの路線が乗り入れているので、空港からそのまま浅草の雷門を訪れる外国人観光客も多くいます。

観光する前に一度雷門付近のホテルでチェックインをして、荷物を置いてから付近を観光するという外国人観光客も多いのが特徴です。そのような宿泊者の荷物をチェックイン前に無料で預かるサービスを行っている宿泊施設も多くあります。そのような外国人観光客のニーズに応えて、外国語で書かれた観光ガイドブックなどを無料で配布している施設も数多いです。

地域で発行しているような地図やショップガイドなども多くあり、それらをホテルのロビーに揃えて置いてある宿泊施設も多くあります。施設のスタッフも外国語を話すことが出来るスタッフを常駐させているところも多いです。そういう施設側のサービスが口コミやSNSで広がった結果、外国人観光客が多く訪れるようになったと言えるでしょう。宿泊施設から少し歩くだけで観光出来るという立地条件も、人気が高い理由の一つだと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *