雷門は地名としても有名ですが、どちらかというと浅草のシンボルともいえる雷門と記載してある提灯の方が有名なのではないでしょうか。

ここは浅草の中でも中心的な場所にありますので、待ち合わせ場所として利用される人も多く平日でも多くの人々がこの場所にいるため、記念写真を撮影したいときなど他の人が写ってしまって上手に撮影できなかったといった経験を持つ人も多いといえます。エリア内には宿泊に便利なホテルが多数ありますが、近隣エリアに住んでいるとホテルに泊まらなくても日帰りで十分、このように考える人も多いといえます。

ホテルに泊まることで早朝の時間帯から行動ができるメリットがあるわけですが、人気を持つ浅草のシンボルでもある雷門の提灯は早朝の時間帯ともなれば人影もまばらであり、運が良ければ全く誰もいない状態で撮影ができることも少なくありません。もちろん、写真撮影のためだけでホテルに泊まるのは無駄なものとなりますので、色々な観光を楽しみたいと考える人も多いことでしょう。

早起きは三文の徳といったことわざがありますが、ホテルに宿泊することで早朝から行動ができる、浅草や雷門周辺のお店は営業していませんが下町の朝といった普段感じることができない時間を過ごせる、中には早朝でしか見ることができない風景や音などがあるかもしれない、このように考えると日帰りで浅草や雷門に行くよりも1泊した方が何か楽しいことがあるのではないかと考えることもできるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *